情報知識学会誌
第17回(2009年度)研究報告会論文集
統合システムを有する分散型熱物性データベースの展開
山下 雄一郎馬場 哲也
著者情報
ジャーナル フリー

19 巻 (2009) 2 号 p. 104-111

詳細
PDFをダウンロード (1098K) 発行機関連絡先
抄録

産業技術総合研究所ではコンテンツとシステムの所有権を分離して管理する分散型熱物性データベースが開発され、一般に公開中である。日本熱物性学会においても、同システムを利用した熱物性データベースが公開中である。これらのデータベースは、専用の閲覧ソフトウェアInetDBGV とWeb ブラウザからの閲覧システム(TPDS-web/full)から利用可能である。分散型熱物性データベースプログラム3.0.6 版からは複数のデータベースを横断的に閲覧・検索する機能が実装され、データベースを統合して操作するシステム“統合システム”として、InetDBGV を利用可能となった。本報では分散型熱物性データベースの統合システムの全容について報告する。

著者関連情報
© 2009 情報知識学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top