情報知識学会誌
Online ISSN : 1881-7661
Print ISSN : 0917-1436
第17回(2009年度)研究報告会論文集
音楽評論論文にみる概念構造の変遷
―ネットワーク中心性を用いた音楽概念の抽出―
河瀬 彰宏村井 源徃住 彰文
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 19 巻 2 号 p. 138-143

詳細
抄録

音楽の様式は刻一刻と連続的な変化を遂げていくため,これらに対して,音楽美学や音楽史学において議論されるような区分,例えば,古典主義音楽,ロマン主義音楽といった確定的な定義を与えることは難しい問題である.しかしながら,時代によって特徴や差異が確認されることは否めない.本研究では,音楽概念を構造的に抽出・体系化することで,音楽概念がどのような差異・変遷をもつものか検討する.具体的には,音楽評論雑誌「ポリフォーン 音楽評論の開かれた場」全13冊から,言及対象が20世紀以前の西洋音楽に該当する記事と,20世紀以後の西洋音楽に該当する記事とに試験的に分類し,ネットワーク分析を用いて語彙間の共起関係からそれぞれの音楽評論の思考の中心概念を構造的に抽出する.結果,前者は「世紀」「時間」,後者は「音」「主義」を音楽概念の中心性に強く据えていることが確認された.

著者関連情報
© 2009 情報知識学会
前の記事 次の記事
feedback
Top