情報知識学会誌
Online ISSN : 1881-7661
Print ISSN : 0917-1436
特集 第14回 情報知識学会フォーラム「言語資源の展開:ターミノロジー,オントロジー,シソーラス」
自然言語処理を意識した日本語シソーラス
国分 芳宏岡野 弘行
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 19 巻 4 号 p. 316-327

詳細
抄録

構文解析や用語標準化などの自然言語処理を目的とする440,000語規模のシソーラスを開発した.このシソーラスでは,各用語の持つ関係語の数が膨大なため,観点(ファセット)を導入して分類し,採択した用語を探しやすくしてある.また,差別語,表記の揺れなども区別できるようにするなど工夫をこらしている.本稿ではこのシソーラスについて,パッケージソフトのカスタマイズ機能およびインターネットや他の辞書との連動機能,用語の標準化などについても紹介した.シソーラスを作成する際の留意点と課題をも指摘する.

著者関連情報
© 2010 情報知識学会
前の記事
feedback
Top