情報知識学会誌
Online ISSN : 1881-7661
Print ISSN : 0917-1436
研究論文
文献データベースと電子ジャーナルの利用行動に対するリンクリゾルバの影響の分析
林 賢紀阪口 哲男
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 22 巻 3 号 p. 238-252

詳細
抄録

 文献データベースと電子ジャーナルをリンクするシステムとして,リンクリゾルバが利用されている.本論文では,文献データベース,電子ジャーナル,リンクリゾルバそれぞれのアクセスログを解析することにより,リンクリゾルバの影響の分析を試みた.この結果,データベースの検索結果からリンクリゾルバを経由して幅広い分野の雑誌タイトルに利用者を誘導できる効果が確認できた.このとき,リンクリゾルバは,PNAS やScience,Nature などの総合科学雑誌と比較して分野に特化した雑誌へ多くの利用者を誘導している.特に,Web of Science のような収録範囲の広いデータベースの利用においてこの効果は顕著であり, リンクリゾルバの導入は特定分野の雑誌論文の可視性を高め,利用に結びつける効果があることを明らかにした.

著者関連情報
© 2012 情報知識学会
前の記事 次の記事
feedback
Top