J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

情報知識学会誌
Vol. 25 (2015) No. 2 p. 166-171

記事言語:

http://doi.org/10.2964/jsik_2015_012

特集 第23回(2015年度) 年次大会(研究報告会&総会)

 近年,Linked Open Dataの動きが盛んになってきており,様々な機関や団体が自らのデータを提供するためのLinked Dataリポジトリを公開している.本研究ではこのリポジトリを,SPARQL Endpointと呼ばれるWeb APIの特徴を利用した,既存検索エンジンのWeb クローラを用いた自動的な収集手法を提案し,検証を行った.また,検索サービスとしてユーザに提供する手法も提案する.

Copyright © 2015 情報知識学会

記事ツール

この記事を共有