情報知識学会誌
Online ISSN : 1881-7661
Print ISSN : 0917-1436
特集 第20回情報知識学フォーラム 「地域情報学における知識情報基盤の構築と活用」
Linked Dataによる分野連携型データベースの枠組み
武田 英明加藤 文彦大向 一輝
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 25 巻 4 号 p. 283-290

詳細
抄録

 本稿ではLinked Dataの仕組みがいかに分野を横断して連携するデータベースを構築することを可能としているかを述べる。Linked DataはセマンティックWebの技術を使い、Web of Data、すなわちDataが相互につながったような世界をつくることを可能とする。実際、世界においてはDBpediaを中心として500以上のデータセットが相互につながっている。国内においては著者らが2012年より DBpedia Japaneseを公開・運営することで、同様の活動を広めている。実際、2012年以降、50以上の研究報告があり、20件のデータセットがリンクされており、15件のアプリケーションが報告されている。 またその内容も生物学から文化的コンテンツまで幅広く、様々なデータベースがリンクできることがわかる。

著者関連情報
© 2015 情報知識学会
前の記事 次の記事
feedback
Top