情報知識学会誌
Online ISSN : 1881-7661
Print ISSN : 0917-1436
ISSN-L : 0917-1436
特集 第20回情報知識学フォーラム 「地域情報学における知識情報基盤の構築と活用」
地域情報学のこれまでとこれから -地域研究統合情報センターの実践事例を通して-
亀田 尭宙
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 25 巻 4 号 p. 325-332

詳細
抄録

 本論文では, 地域情報学のこれまでの研究を, 地域情報学を構成する4つのパーツ(情報基盤, ツール, 知識ベース・オントロジ, 地域に関するデータ)と3つの軸(主題, 空間, 時間)の下に位置づけて俯瞰した.主に, 京都大学地域研究統合情報センターに関わる実践事例を中心にしつつ周辺の技術動向も含めて紹介することで, そこから課題とこれからの展望を描いた.

著者関連情報
© 2015 情報知識学会
前の記事
feedback
Top