J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本乳酸菌学会誌
Vol. 25 (2014) No. 1 p. 3-12

記事言語:

http://doi.org/10.4109/jslab.25.3

総説

発酵食品中には乳酸菌をはじめとする様々な細菌類が存在していることが知られている。近年、次世代シーケンサーを用いた菌叢解析法が発酵食品の細菌叢解析にも利用されるようになり、これまで見ることができなかったフローラの深部に焦点を当てることが可能となってきた。本稿では著者らの糠床の菌叢解析の研究を中心にピロタグ法を用いた発酵食品の細菌叢解析の有効性について述べる。

Copyright © 2014 日本乳酸菌学会

記事ツール

この記事を共有