日本図書館情報学会誌
Online ISSN : 2432-4027
Print ISSN : 1344-8668
論文
NDC と参照のリンクを用いた小学校件名標目表と基本件名標目表(BSH)の統合的検索手法の検討
村上 幸二
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 62 巻 3 号 p. 181-199

詳細
抄録

目録に件名を付与する際の典拠となる件名標目表は,我が国の標準件名標目表としては基本件名標目表(BSH)があるが,小学校の図書館目録を対象とした件名標目表としては小学校件名標目表がある。主要な民間MARC には,BSH による件名が採用されている場合が多いが,OPAC に小学校件名標目表とBSH を統合的に利用できる機能を備えれば,児童が親しみやすい言葉で主題を選びつつ,BSH を用いた主題検索の可能性が広がると考えられる。本稿では,小学校件名標目表とBSH に付されているNDC と各参照指示をベースとして両件名標目表の用語や表記の相違点に焦点を当て,両者を統合的に検索できる手法を検討した。システムを試作して実験を行った結果,多くの場合においてNDC と各参照指示のリンクが有効に機能することが認められた。一方で,文字列による検索機能に依存しなければならないケースなども示された。

著者関連情報
© 2016 日本図書館情報学会
前の記事 次の記事
feedback
Top