J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

JSL漢字学習研究会誌
Vol. 7 (2015) p. 50-55

記事言語:

http://doi.org/10.20808/jslk.7.0_50

論文

周知のように,日本語と中国語の中に同形漢語が数多く存在している。しかし,同形漢語と言っても,必ずしも意味が同じとは限らない。しかも,日中両語に文法的ズレもあると考えられる。中国語母語話者が日本語を学習する際,母語がプラスの働き(正の転移)をすれば,学習を促進することができる。本研究は語構成という視点から,AV型のサ変動詞とそれに対応する中国語の動詞と対照し,日本語であるときの自他性と中国語であるときの自他性がどのような異同を持っているかについて明らかにする。そこで得られた結果は今後の中国語母語話者の日本語学習に役に立つことを期待する。

Copyright © 2015 著者

記事ツール

この記事を共有