保全学
Online ISSN : 2423-9348
Print ISSN : 1348-7795
ISSN-L : 1348-7795
学術論文
原子力プラントにおけるレジリエンス評価法の開発
(その1:原子力プラントの事故時安全性評価指標としてのレジリエンス指標の提案)
出町 和之鈴木 正昭糸井 達哉村上 健太笠原 直人宮野 廣中村 隆夫荒井 滋喜釜谷 昌幸山口 篤憲松本 昌昭
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 15 巻 1 号 p. 65-70

詳細
抄録

In this research, a new index “The Resilience Index” was proposed to evaluate the capability of nuclear power plant to recover from the situation of safety function lost. Three elements assumed to evaluate the resilience index are the achievement rate, necessary time, and probability of success of each accident management activity. The resilience index is expected to visualize the improvement of safety of each nuclear power plant against severe accidents.

著者関連情報
© 2016 一般社団法人 日本保全学会
次の記事
feedback
Top