昭和医学会雑誌
Online ISSN : 2185-0976
Print ISSN : 0037-4342
ISSN-L : 0037-4342
Gardner症候群の1例
奥村 邦彦児玉 秀文田中 宣男竹内 治男中浜 誠斉藤 博文八田 善夫諸星 利男伊礼 正剛
著者情報
ジャーナル フリー

1980 年 40 巻 3 号 p. 375-380

詳細
抄録

症例は27歳の男子で, 腹痛, 下痢, 胃部不快感を主訴として来院, 消化管X線検査, 消化管内視鏡検査, 全身骨X線検査から胃ポリポージス, 大腸ポリポージス, 下顎骨の石灰化を認め, 軟部腫瘍の病変を欠く不完全型ガードナー症候群と診断した.生検組織像は胃ポリープは腸上皮化生, 大腸ポリープは腺腫であった.以上から, 大腸全摘出術を施行, 術前には診断できなかった潰瘍性病変を横行結腸に認め, この部位に高分化型腺癌を認めた.ガードナー症候群の三主徴は, 消化管ポリーポジス, 骨腫, 軟部腫瘍で, 1950年ガードナーらにより体系づけられた.常染色体優性遺伝形式をとり, 高率に大腸癌を合併する疾患とされている.本邦でも10数例と報告例も少なく, また, 家族性大腸ポリポージスとの異同もあり, 大変興味ある症例であるので, 文献的考察を加え報告する.

著者関連情報
© 昭和医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top