昭和医学会雑誌
Online ISSN : 2185-0976
Print ISSN : 0037-4342
ISSN-L : 0037-4342
比較的まれなリンパ節疾患におけるAlpha-Naphthyl-Acetate-Esterase (ANAE) とAdenosine-Triphosphatase (ATPase) の活性について
杉山 喜彦太田 秀一塩川 章九島 巳樹斉藤 司大塚 敏彦広本 浄子小倉 享子鈴木 孝
著者情報
ジャーナル フリー

1988 年 48 巻 3 号 p. 429-432

詳細
抄録

比較的まれとされているリンパ節疾患7例につきANAEおよびATPase染色によりT-cellとB-cellの量的変動を検索した. T-zone LymphomaにおいてはややT-cellが多く, Prolymphocytic LeukemiaおよびCastleman's LymphomaにおいてはB-cellが大半を占めた.Non Hodgkin's Lymphomaの諸分類においていまだ一定の疾患単位とされていないT-zone Lymphoma, 細胞の発生起源に関して諸説のあるProlymphocytic LeukemiaやCastleman's Lymphomaにおいては, 今回のわれわれの検索結果は少なくともこれらのまれな疾患においてその増生の主体をなすリンパ球の機能の一面を示す所見と考えられる.

著者関連情報
© 昭和医学会
前の記事
feedback
Top