昭和医学会雑誌
Online ISSN : 2185-0976
Print ISSN : 0037-4342
ISSN-L : 0037-4342
病院の経営診断についての一考察
糞 平光星山 佳治川口 毅
著者情報
キーワード: 医療費, 大学病院, 経営収支
ジャーナル フリー

1996 年 56 巻 6 号 p. 585-590

詳細
抄録

平成7年度SW大学病院とTR病院の経営状況について患者 (外来, 入院) 延数, 1日患者 (外来, 入院) 1人当たり収入, 1床当たり収入, 病床利用率, 職員1人当たり収入などについて比較検討した.その結果, 職員1人あたりの収入はSW大学病院はTR病院に比較して31.1%低く, 職員数は5.9%程多いことから収入が少なく職員数が多い.また病院経営支出の比較では医療収支比率はSW大学病院が3.2ポイント高くなっており人件費率も5.4ポイント高く, 材料費率も1.3ポイント高い.しかし, 経費率と委託比率はそれぞれ0.5ポイント, 3.5ポイント低くなっている.医科大学としての高度医療や教育・研修機能から見た場合には診療科における収支は別の問題であるが医療経済の観点から見た場合にはこれら赤字の原因はさらに検討される必要がある.赤字の診療科や収支差額がゼロの診療科においては支出に占める医療経費が高いことがその原因の一つとなっていた.

著者関連情報
© 昭和医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top