生体医工学
Online ISSN : 1881-4379
Print ISSN : 1347-443X
ISSN-L : 1347-443X
 
皮質-視床-皮質ループ強度の脳波による推定:医用展開に向けた検討
山口 郁博岸 哲史東郷 史治中村 亨山本 義春
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 Annual56 巻 Abstract 号 p. S235

詳細
抄録

講演者らは脳の皮質-視床-皮質ループの結合状態(フィードバック係数c2)を脳波から推定する方法を提案し、睡眠脳波への実施例を報告してきた。この推定方法は高い時間分解能で頑健な推定を行えることから医用展開が期待でき、実用化に向けて次のような検討をさらに進めている。A)推定結果の測定サンプリング周波数依存性、 B)時間窓幅依存性、 C)電極位置依存性、D)ウェアラブル脳波との組合せ。講演ではその最新の結果について報告する。[1] Yamaguchi et al. “A Robust Method with High Time Resolution for Estimating the Cortico-Thalamo-Cortical Loop Strength and the Delay When Using a Scalp Electroencephalography Applied to the Wake-Sleep Transition” Method of Information in Medicine (in print).[2] Yamaguchi et al. Spectral analysis method for sleep-state cycle based on the cortico-thalamo-cortical loop strength estimation. International Conference on Noise and Fluctuations (ICNF) 2017.

著者関連情報
© 2018 社団法人日本生体医工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top