廃棄物資源循環学会研究発表会講演集
第27回廃棄物資源循環学会研究発表会
セッションID: A11-2
会議情報

A11 災害廃棄物2
災害初動時でのメッシュ法による災害廃棄物量の推定手法の検討
*平山 修久濱田 俊介岩下 信一眞鍋 和俊
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

本稿では,災害初動時において地理情報システム上でのメッシュ法による災害廃棄物量推定手法の検討を行った。まず,災害廃棄物量原単位に対するメッシュ法による数値解析的検証として,1995年阪神・淡路大震災,2011年東日本大震災の災害ハザード情報,国勢調査に関する地域メッシュ統計,住宅・土地統計調査を用いて,地理情報システム上で災害廃棄物量を推定し,実績データと比較検証した。また,広く一般に入手可能な統計データと災害初動時において入手可能な災害ハザード情報を用いて,2016年熊本地震の災害初動時での災害廃棄物量の推定を行った。その結果,本研究で提案した手法は,処理実行計画策定に向けた基盤情報として活用可能であるといえた。

著者関連情報
© 2016 一般社団法人 廃棄物資源循環学会
前の記事 次の記事
feedback
Top