JSMDレビュー
Online ISSN : 2432-6992
Print ISSN : 2432-7174
投稿論文
医療用医薬品の納入価格と流通チャネル形態
櫻井 秀彦丹野 忠晋増原 宏明林 行成山田 玲良
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2019 年 3 巻 1 号 p. 11-18

詳細
抄録

本稿では医薬品卸と薬局間の医療用医薬品の納入価格の影響要因について実証研究を行った。降圧薬の薬価とその卸価格の差の薬価に対する割引率を分析対象とした。薬局に対する,ある医薬品メーカーの薬剤の割引率は,その薬局がメイン卸(最も高いシェアの卸企業)としている卸企業がその医薬品メーカーとどのような資本関係(系列関係)にあるかによって大きく影響を受けていた。強い系列卸をメイン卸とする薬局は,そのメーカーの医薬品を割引されない一方で,弱い系列や非系列の卸をメインとする薬局は大きな割引を得ていた。また,特許で保護されている薬剤には数量割引が確認された。更に,複数の薬剤を一括して取引して価格を決める総価取引は,割引率に大きな影響を与えないことが示された。

著者関連情報
© 2019 日本商業学会
前の記事 次の記事
feedback
Top