日本重症心身障害学会誌
Online ISSN : 2433-7307
Print ISSN : 1343-1439
重症心身障害児(者)のためのファッションショー
共に楽しむアクセシブルデザイン
-楽しく美しく着る-
多屋 淑子水沼 千枝
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 40 巻 1 号 p. 109-112

詳細
抄録

第40回日本重症心身障害学会学術集会は、国立病院機構南京都病院の協力により、「楽しく美しく着る」をテーマに、重症心身障害児(者)と介護者のQOL向上を目的とする衣服等の提案を行った。家族の了解を得たモデル3名によるファッションショーと病棟の気管切開患者による写真参加からなる2部構成で行った。モデルの身体状況や生活状況に適する素材を開発し、着用者の好みや希望も反映させて、「世界に一つしかない着心地の良い衣服」を考案した。これらの衣服は、衣服がしなやかに変形して身体に優しくフィットするため、着用中も身体への圧迫感が少なく、シルエットも美しいアクセシブルデザインの衣服である。拘縮している腕部を無理に伸展しなくとも着脱が可能であり、洗濯等の取り扱いも容易である。

著者関連情報
© 2015 日本重症心身障害学会
前の記事 次の記事
feedback
Top