日本重症心身障害学会誌
Online ISSN : 2433-7307
Print ISSN : 1343-1439
短報
重症心身障害児(者)の血清マグネシウム値と酸化マグネシウムが与える影響
杉 理江林 武文
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 43 巻 3 号 p. 551-556

詳細
抄録

四国こどもとおとなの医療センターにおいて2014年4月1日~2016年10月31日の間に、血清マグネシウム値を測定した重症心身障害病棟に入院中の患者92名を対象とし、重症心身障害児(者)(以下、重症児(者))の血清マグネシウム値と酸化マグネシウムが与える影響について後ろ向きに検討を行った。調査期間中において、生活の自由度が低い重症児(者)は血清マグネシウム値が低い傾向があり、酸化マグネシウムの投与により血清マグネシウム値が補正された可能性があった。また、酸化マグネシウム投与患者の血清マグネシウム値の変動は投与量に相関はなく、長期投与で上昇する傾向があった。

著者関連情報
© 2018 日本重症心身障害学会
前の記事 次の記事
feedback
Top