日本運動器看護学会誌
Online ISSN : 2435-001X
Print ISSN : 2186-635X
エンブレル導入患者への指導評価
櫻井 浩子中野 有賓子辻田 沙織
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2009 年 4 巻 p. 81-84

詳細
抄録

平成17年6月から18年8月までにA病院整形外科でエンプレルを導入した患者17名にアンケートを送付し, 研究に同意を得られ回答のあった13名を対象にエンブレルの現在の使用状況,患者の知識や不安な点等について 調査を行った.エンプレルの効果は実感しているが,患者は経済的負担,今後の治療に不安を抱えていることが わかり,不安に対しての心理面への援助の必要性を示唆された.患者は症状出現時には早期に受診するように心 がけでき, 日常生活での注意点として含嗽,手洗いは行えていた. しかし,予防行動は行えておらず,重篤な副 作用に結びつくことを十分理解してもらえるように指淋していく必要がある. リウマチ患者が抱えている心理面 への負担を考慮し,身体的・精神的・社会的に安楽な日常生活が送れるよう関わることが今後の課題といえる.

著者関連情報
© 2009 日本運動器看護学会
前の記事 次の記事
feedback
Top