栄養と食糧
Online ISSN : 1883-8863
ISSN-L : 0021-5376
クロレラ蛋白質の栄養価 (第1報)
クロレラ蛋白質の人工消化率および生物価
神立 誠保井 忠彦
著者情報
ジャーナル フリー

1963 年 16 巻 4 号 p. 318-322

詳細
抄録

1.本実験に用いた乾燥クロレラ2製品はそれぞれ乾物中53.2%, 62.4%が粗蛋白質で, 純蛋白質はそれぞれ粗蛋白質の84.6%, 66.8%であった。後者の非蛋白態含窒素化合物の約1/3がアミノ態窒素化合物であった。
2.両試料はそれぞれ乾物中45.1%, 41.5%の純蛋白質を含み, ペプシンによる人工消化率はそれぞれ最高44.3%, 46.8%でいずれの場合にもクロレラ蛋白質の消化は良くなかった。
3.前者の試料を用いて, その人工消化時間中における蛋白質の消化は16時間目まではかなり早く, 以後やや緩慢になる。アミノ態窒素の遊離速度は蛋白質の消化速度にほぼ平行し, 48時間後に遊離したアミノ態窒素は全窒素の9.5%であった。
4.成熟雄白鼠を用いてクロレラ蛋白質の生物価を測定した結果, 蛋白質10%レベルで77, 74, 5%レベルで75であった。
5.蛋白質の真の消化率は10%レベルで67%, 長期間摂取して70%になり若干良くなる傾向にあった。5%レベルでは63%で若干低かった。

著者関連情報
© 社団法人日本栄養・食糧学会
前の記事 次の記事
feedback
Top