栄養と食糧
Online ISSN : 1883-8863
ISSN-L : 0021-5376
わすれぐさの榮養債
莖葉類の榮養債に關する研究第一報
神立 誠中野 絢
著者情報
ジャーナル フリー

1950 年 2 巻 5-6 号 p. 207-208

詳細
抄録

古來救荒植物といわれ東北地方で早春廣く食用にされて居るわすれぐさ (やぶかんぞう) Hemerocalis fulva, L. Kwanso Regel) の莖葉の榮養價を白鼠を用い飼育試験した結果玄米粉と封照して10%代替では可成生長を障げられることを認めた。また蒸煮物のビタミンB1及Cは夫々100g中9γ, 37mgでB1は極めて少くCは中等程度の含量であつた。
終りに御指導と御鞭縫を頂いた平塚英吉, 佐々木林治郎爾先生及齋藤道雄博士に厚く謝意を表する。また實驗の一部は高嶋八郎氏の協力によること及研究費の一部は文部省科學研究費によるものである。

著者関連情報
© 社団法人日本栄養・食糧学会
前の記事 次の記事
feedback
Top