栄養と食糧
Online ISSN : 1883-8863
ISSN-L : 0021-5376
シイタケの血漿コレステロール低下機構について
食用キノコ類のシロネズミコレステロール代謝に及ぼす影響 (VII)
徳田 節子田切 明美鹿野 悦雄金田 尚志
著者情報
ジャーナル フリー

1971 年 24 巻 9 号 p. 477-480

詳細
抄録

(1) 5%シイタケを投与すると, シロネズミの血漿コレステロール量は常に著しく低下するが, 肝臓コレステロール量は対照群より必ずしも多くなるとは限らない。
(2) シイタケ投与により糞中に排泄されるステロール量は対照群にくらべ増大したが, 胆汁酸量はあまり差がなかった。
(3) シロネズミ体内に分布するコレステロール量はシイタケ投与群の方がいく分少なかった。そして肝臓-血液間の分布に差異があった。
以上の結果より, シイタケ投与によるシロネズミ血漿コレステロールの減少は, 摂取コレステロールの排泄量の増大が一因と考えられた。

著者関連情報
© 社団法人日本栄養・食糧学会
前の記事 次の記事
feedback
Top