栄養と食糧
Online ISSN : 1883-8863
ISSN-L : 0021-5376
スルホン酸系界面活性剤による米粒中のカドミウムの除去について
満田 久輝富山 新一出浦 浩
著者情報
ジャーナル フリー

1974 年 27 巻 3 号 p. 125-131

詳細
抄録

精白米中のカドミウムの存在状態を検討し, それを基として米よりカドミウムを除去する方法について研究を行ない, 次の結果を得た。
1) カドミウムは精白米中ででんぷん, 精製油脂中には存在せず, 主としてたん白質とキレート的錯体の形で存在していた。
2) 精白米たん白質に対しスルホン酸塩系界面活性剤 (LAS, AOS) は, アルキル基の構造にかかわらず同様にたん白質-スルホン酸塩の複合体を形成した。
3) スルホン酸塩-たん白質-カドミウムの重金属含有複合体が生成することを認めた。
4) スルホン酸塩-たん白質-カドミウムの重金属含有複合体の安定なpH域はpH 7~およそ9であることを示し, 精白米中からカドミウムを重金属含有複合体として可溶化し除去可能なことを認めた。
5) 工業的な精白米からのカドミウム除去は経済的に, 環境衛生的にAOSが最適であると考えられる。
6) 実用的には米破砕物粒度は12~20メッシュ65%, 20メッシュ以上35%程度であると考えられるため, カドミウム除去操作としては, 0.1%NaOH-0.1%AOS液で洗浄処理し, ついで0.3%HCl液で洗浄処理し, すすぐプロセスが適当と考えられる。この処理操作により得た米破砕物はカドミウム含有量0.02ppmとなり, 利用可能な基準値を十分に下回るものであった。

著者関連情報
© 社団法人日本栄養・食糧学会
前の記事 次の記事
feedback
Top