日本栄養・食糧学会誌
ヒト由来Bifidobacteriumによるビタミン産生
寺口 進小野 浄治清沢 功福渡 康夫荒木 一晴小此木 成夫
著者情報
ジャーナル フリー

37 巻 (1984) 2 号 p. 157-164

詳細
PDFをダウンロード (1401K) 発行機関連絡先
抄録

ヒト由来のBifidobacterium 5菌種, すなわちB. in-fantis, B. breve, B. bifidum, B. longumおよびB. adolescentisを用い菌体内と菌体外のビタミン産生量を測定した
1) 供試したBifidobacteriumのすべての菌株は菌体内にビタミンB1, B2, B6, B12, C, ニコチン酸, 葉酸およびビオチンを蓄積し, 菌体外にはビタミンB6, B12および葉酸を産生した。
2) 菌種別ではB. longum, B. breveおよびB. in-fantisが比較的高いビタミン産生能を有していた。とくにB. longumはビタミンB2およびB6, B. breveはニコチン酸, B. infantisはビオチンにおいて高い産生能を示した。
3) これらBifidobacteriumの産生するビタミン量は宿主としてのヒトのビタミン所要量と比較しても無視できない量であると考えられる。

著者関連情報
© 社団法人日本栄養・食糧学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top