日本栄養・食糧学会誌
Online ISSN : 1883-2849
Print ISSN : 0287-3516
馬乳酒の飲用がモンゴル遊牧民の栄養に及ぼす影響
石井 智美小長谷 有紀
著者情報
ジャーナル フリー

2002 年 55 巻 5 号 p. 281-285

詳細
抄録

馬乳酒 (kumiss) は, モンゴル国の遊牧民の間で長い間大切にされてきた飲みもので, 乳酸菌と酵母によってウマの生乳を発酵させてつくられる伝統的な飲料である。遊牧民の成人男子においては夏季に毎日3Lの馬乳酒が飲まれていた。食生活において馬乳酒が, エネルギー摂取量に示す割合を調べた。調査世帯では, 成人男子における1日のエネルギー摂取量のうち, 約50%を馬乳酒によって摂っていることが明らかになった。さらに調査の結果, 1999年の旱魃, 2000年, 2001年の雪害によって, 多くの家畜が死んだ。このことで夏季に新鮮な乳製品が摂れなくなっていた。馬乳酒は遊牧民のエネルギー摂取に大きな役割を持っている。伝統的な発酵乳製品が摂取できなくなることによって, 食生活が変化すると, 遊牧民の食形態と健康に大きな影響をもたらすものと考える。

著者関連情報
© 社団法人日本栄養・食糧学会
前の記事 次の記事
feedback
Top