知能と情報
Online ISSN : 1881-7203
Print ISSN : 1347-7986
原著論文
コミュニケーションにおける曖昧さとその機能
高橋 英之岡田 浩之
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 22 巻 4 号 p. 450-463

詳細
抄録

コミュニケーションは人間の社会性の基盤となるものである.コミュニケーションは情報交換であり,一般的にはそこに曖昧さは必要が無いと考えられる.本論文では,人間のコミュニケーションに含まれる曖昧さが,特に大きな規模の社会集団では非常に重要な機能を持つという仮説を提起し,それを検討するためのシミュレーションと二つの顔表情を題材とした心理実験を行った.本論文ではそれらの研究の詳細を述べるとともに,それらの結果を受け,社会性やコミュニケーションの背後には曖昧さを処理する脳機能が大きな働きをしているのではないかという議論を行った.

著者関連情報
© 2010 日本知能情報ファジィ学会
前の記事 次の記事
feedback
Top