日本口腔腫瘍学会誌
Online ISSN : 1884-4995
Print ISSN : 0915-5988
ISSN-L : 0915-5988
OK-432局所注入療法によって加療した小児リンパ管腫の1例
辻 司園部 昌治野口 誠小浜 源郁
著者情報
ジャーナル フリー

1998 年 10 巻 3 号 p. 135-139

詳細
抄録

12歳, 男児の右側顎下部に発生した嚢胞状リンパ管腫に対しOK-432の局所注入療法を行った1例を報告する。初診時の臨床診断を血管腫として圧迫療法を行い縮小効果が得られたが, 同療法施行後10カ月に再発をきたした。その後, 病変から得られた内容液の生化学分析により嚢胞状リンパ管腫と最終診断し, 同病変に対し局注療法を2回 (1回目; 0.05KE, 2回目; 0.025KE, 総投与量; 0.075KE) に分けて行ったところ, 著明な縮小効果が認められた。術後2年経過するが, 再発増大傾向は認められていない。

著者関連情報
© 日本口腔腫瘍学会
前の記事
feedback
Top