日本口腔腫瘍学会誌
Online ISSN : 1884-4995
Print ISSN : 0915-5988
顎関節悪性腫瘍の診断と治療
小村 健原田 浩之前田 顕之
著者情報
ジャーナル フリー

2000 年 12 巻 4 号 p. 391-395

詳細
抄録

顎関節部の悪性腫瘍は極めてまれであり, 顎関節に原発するもの, 周囲組織に発生し顎関節に進展するもの, および顎関節に転移するものに大別される。症状は他の顎関節疾患に類似しているが, 進行は急速である。診断には詳細な病歴聴取, 視診, 触診, CT, MRI, 99mTcや67Gaシンチなどの画像診断が必須であり, 確定診断には生検ないし細胞診を必要とする。その中で超音波ガイド下穿刺吸引細胞診は有用である。治療は, 原発性腫瘍では拡大手術が第一選択となり, 経耳下腺的アプローチが有用である。進展性や転移性腫瘍では原発腫瘍の状況により放射線治療, 化学療法あるいは手術を選択し, 転移性腫瘍でもQOLの向上のための手術を検討すべきである。

著者関連情報
© 日本口腔腫瘍学会
前の記事
feedback
Top