日本小児アレルギー学会誌
Online ISSN : 1882-2738
Print ISSN : 0914-2649
第47回日本小児アレルギー学会シンポジウム5 呼吸器系アレルギー疾患の免疫療法
スギ舌下免疫療法の最新の臨床知見
堀口 茂俊米倉 修二稲嶺 絢子藤村 孝志中山 俊憲岡本 美孝
著者情報
ジャーナル 認証あり

25 巻 (2011) 1 号 p. 24-29

詳細
PDFをダウンロード (745K) 発行機関連絡先
抄録

精製アレルゲンによる免疫治療は唯一根治が期待できる治療法であるが,様々な問題点から現行の皮下注射法では施行数そのものが減ってきており,注射法の弱点を克服できると考えられる舌下免疫療法に注目が集まっている.日本独特とも言えるスギ花粉症に対しては本邦でのスギ花粉症に対する舌下免疫療法の開発が不可欠である.
私たちはこれまでにプラセボ対照2重盲検試験(RCT)を段階的に3試験行った.この試験により安全性と一定の効果が認められた.これをもって厚生労働省から第I/II相臨床試験として認められ,私たちの方法(連日投与,2シーズン目評価)をなぞってJTトリイから第三相試験が始まっている.臨床試験段階から標準治療への展開が期待される.

著者関連情報
© 2011 日本小児アレルギー学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top