日本小児アレルギー学会誌
Online ISSN : 1882-2738
Print ISSN : 0914-2649
アレルギー炎症疾患病態に関するエピジェネティックス
斎藤 博久
著者情報
ジャーナル フリー

2005 年 19 巻 5 号 p. 729-736

詳細
抄録

遺伝子が転写されるためには転写因子の存在のほか, 転写因子と結合する部位がクロマチンとして結合可能な立体構造をとる必要がある. このクロマチンの構造はエピジェネティックなメカニズムつまりDNAメチル化とヒストン修飾により調節されている. 従来, 遺伝子解析研究といえばDNA配列の個人差を研究する遺伝子配列解析と組織や細胞のmRNAを定量する遺伝子発現解析の2通りの研究手法が主流であった. エピジェネティック研究はこの2つの研究手法の中間に位置づけられる研究分野である. 従来の遺伝子解析手法では得られなかったアレルギー性炎症や組織リモデリングに関わる機序解明が期待できる.

著者関連情報
© 日本小児アレルギー学会
次の記事
feedback
Top