日本小児アレルギー学会誌
Online ISSN : 1882-2738
Print ISSN : 0914-2649
ISSN-L : 0914-2649
β2刺激薬と disodium cromoglycate の併用効果について
高張食塩水吸入試験による検討
加野 草平西間 三馨
著者情報
ジャーナル フリー

1991 年 5 巻 2 号 p. 97-106

詳細
抄録

Disodium cromoglycate (DSCG) とβ2刺激薬の併用効果を高張食塩水 (Hypertonic saline: HS) 吸入試験をもちいて評価した. 気管支喘息児10例に, saline (control: C), DSCG (D), salbutamol (S) の吸入後15分の時点と, C, D, SにS吸入後にDを吸入する群 (S→D群), SとDを混合して吸入する群 (S+D群) を加え, それぞれの吸入後3時間の時点で計8回の4.5% HS吸入試験を行なった.
吸入後3時間までのFEV1.0に関しては, S群, S→D群, S+D群において有意な気管支拡張効果を認めたが, 各群間での有意差は認められず, DSCGを併用することによる気管支拡張効果の増強は認められなかった.
一方, 吸入15分後の4.5% HSによるPD20は, S群, D群ともに有意に上昇していたが, 吸入3時間後では, D群では control 群と有意差を認めず, DSCGの効果はほぼ消失していた. しかし, S→D群, S+D群ではS群に比べ有意なPD20の上昇を認めた (P<0.05). また, S→D群とS+D群の間には有意差は認められなかった.
さらに, DSCGの吸入液の濃度を10mg/mlと20mg/mlに変化させた場合の試験を追加し, DSCG吸入量の違いによるHSによるPD20を検討したが, 両者の間に差を認めなかった.
以上の結果から, 高張食塩水による気道収縮が salbutamol とDSCGの併用吸入により相乗的に抑制されることが示唆された.

著者関連情報
© 日本小児アレルギー学会
前の記事
feedback
Top