日本小児循環器学会雑誌
Online ISSN : 2187-2988
Print ISSN : 0911-1794
症例報告
トルバプタンにより改善したFontan術後蛋白漏出性胃腸症の2例
吉永 大介石塚 潤荻野 佳代林 知宏脇 研自新垣 義夫
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2013 年 29 巻 5 号 p. 244-250

詳細
抄録

Fontan術後の蛋白漏出性胃腸症(PLE)に対しトルバプタンを使用してPLEが改善した2症例を報告する.症例1は無脾症候群,右胸心,共通房室弁口,単心室,肺動脈閉鎖,総肺動脈還流異常症(TAPVC)のFontan術後の8歳男児.アルブミン補充,ステロイド投与にもかかわらずAlb2g/dL台,TP 3g/dL台と低値だったが,トルバプタン投与後より正常範囲内となりステロイドを漸減できた.またPLEによる下痢も改善し普通便となった.症例2は多脾症候群,単心室,共通房室弁口,両大血管右室起始,肺動脈閉鎖,下大静脈欠損(奇静脈交通)に対するFontan術後の19歳男性.トルバプタン投与前はAlb 2.0g/dL,TP 4.0g/dLだったがトルバプタン投与により正常範囲内に回復し,腹水も軽減した.トルバプタンがFontan術後PLEに対する内科的治療の一選択肢となりうる可能性が示唆された.

著者関連情報
© 2013 特定非営利活動法人 日本小児循環器学会
前の記事 次の記事
feedback
Top