日本小児循環器学会雑誌
Online ISSN : 2187-2988
Print ISSN : 0911-1794
ISSN-L : 0911-1794
Reviews
動脈管閉鎖の分子機序解明にむけて
南沢 享
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2016 年 32 巻 1 号 p. 2-8

詳細
抄録

動脈管は胎児循環に必須のバイパス血管として機能し,出生後に閉塞する必要がある.動脈管が閉塞するには二つの機序が働く.すなわち,主に血中酸素の増加とプロスタグランジンE2(PGE2)の低下による血管の収縮と,血管構造自体が閉塞しやすく変化することが挙げられる.私達は一連の研究で,PGE2には動脈管拡張作用に加えて,PGE2とその受容体EP4を介した刺激が,内膜肥厚や内弾性板断裂,中膜での弾性線維の低形成など動脈管構造の主要な構築において,極めて重要な役割を果たしていることを明らかにした.さらに詳細にその情報伝達経路を調べたところ,PGE2-EP4刺激はアデニル酸シクラーゼ6型の活性化を介してcAMPを増加させ,PKA及びEpacの活性化を促して動脈管内膜肥厚を生じさせることを見いだした.さらにPGE2-EP4刺激はc-Src-PLCγ経路の活性化によってリシルオキシダーゼの分解亢進が起こり,弾性線維の低形成を生じることが判明した.内膜肥厚や弾性線維の形成機序を含め,動脈管の血管構造を構築する分子機序を明らかにすることによって,動脈管開存症や動脈管依存性先天性心疾患患者への新たな薬物療法の開発へとつながることが期待される.

著者関連情報
© 2016 特定非営利活動法人 日本小児循環器学会
前の記事 次の記事
feedback
Top