日本体育学会大会予稿集
Online ISSN : 2424-1946
ISSN-L : 2424-1946
第70回(2019)
会議情報

シンポジウム
日本の体育・スポーツにおける武(士)道的性格
小田 佳子
著者情報
会議録・要旨集 フリー

p. 34_1

詳細
抄録

 本シンポジウムのねらいは、「日本の体育・スポーツの特徴=武(士)道的性格」という短絡的な思考プロセスを、史料(根拠)に基づきながら複眼的に批判し、これを再考することである。様々な問題が露呈する日本の体育・スポーツには今、その本質の歴史的な理解が求められている。「葉隠」「武道初心集」他の史料を読み込みつつ『日本人の知らない武士道』を著したベネット氏には、日本の武道がいかにしてグローバルに〈移行〉し続けているのかを、武道の固有性ではなく普遍性に焦点を当てながら、海外(外国人)の視点から論じていただく。藪氏には、前世紀転換期に国内外で大量に出版された柔術教本の「啓蒙書と商品」という二つの性格に光を当てながら、教育や修養といった観点からは見逃されがちな、消費を介した武道受容について解説していただく。坂上氏には『にっぽん野球の系譜学』で提起された、西洋スポーツが日本に摂取される過程で、担い手のもつ武(士)道精神に規定されて、スポーツ活動における日本的な変容が生じたという従来の見方について、その問題点とそれを乗り越えていく方向や研究課題などについて、武道の歴史的な変化も視野に入れながら論じていただく。

著者関連情報
© 2019 一般社団法人 日本体育学会
前の記事 次の記事
feedback
Top