日本静脈経腸栄養学会雑誌
Online ISSN : 2189-017x
Print ISSN : 2189-0161
特集
がん細胞の代謝と栄養
大村 健二
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 30 巻 4 号 p. 907-910

詳細
抄録

がん組織が曝される低酸素状態では、それに適応するように様々なタンパクの誘導、遺伝子の活性化が起こる。HIF-1は、その中心的役割を果たす。HIF-1は解糖系の酵素群を誘導し、グルコース由来のアセチル CoAの TCAサイクルへの流入を抑制する。さらに、ピルビン酸からの乳酸の生成を促進する。そのため、ミトコンドリアから細胞質へ流出するクエン酸は、グルタミンなどのアミノ酸由来のαケトグルタル酸から作られたものが主となる。なお、この代謝部分の TCAサイクルは、正常細胞と逆に回転することになる。HIF-1は種々のがん遺伝子を活性化し、同時にがん抑制遺伝子を抑制する。また、VEGFの転写の活性化、血管新生に関与する種々のサイトカインや成長因子をコードする遺伝子を活性化する。このようにがんの進展、増殖、転移に深く関与するHIF-1は、がん治療のあらたな targetとして期待されている。

著者関連情報
© 2015 日本静脈経腸栄養学会
次の記事
feedback
Top