Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
原著
Bereavement Risk Assessment Tool 日本語版の作成:家族を対象とした予備的検討
廣岡 佳代坂口 幸弘岩本 喜久子
著者情報
ジャーナル フリー HTML

11 巻 (2016) 3 号 p. 225-233

詳細
本文(HTML形式) PDFをダウンロード (823K) 発行機関連絡先
抄録

【目的】Bereavement Risk Assessment Tool (BRAT)日本語版を作成し,実施可能性を検討する.【方法】緩和ケア病棟,在宅支援診療所で緩和ケアを受けるがん患者の家族を対象にBRAT日本語版を使用し,リスクアセスメントを行った.また,がん患者の家族は質問紙に回答した.【結果】がん患者の家族25名が調査に参加した.リスクレベル評価では,リスクレベル2(最小リスク)が7名(28%),リスクレベル3(低リスク)が8名(32%),リスクレベル4(中リスク)が9名(36%),リスクレベル5(高リスク)が1名(4%)であった.【結論】BRAT日本語版の予備的調査を実施した.今後,遺族を含めた調査を行い,リスクレベルに応じた支援を検討する必要がある.

著者関連情報
© 2016日本緩和医療学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top