J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

Palliative Care Research
Vol. 11 (2016) No. 4 p. 265-273

記事言語:

http://doi.org/10.2512/jspm.11.265

原著
  • 1) 坂巻 壽.最後までよい人生を支えるには─多死時代の終末期医療がんの終末期を支えるには血液腫瘍.内科 2013; 112: 1094–8.
  • 2) 赤川順子.血液がん患者の治療への精神的支援とケア.緩和ケア2012; 22: 61-4.
  • 3) 佐野文明.臨床現場におけるがん緩和ケア 血液腫瘍.Mod Physician 2012; 32: 1139–41.
  • 4) 森 政樹.支持療法1.室井一男,丹波嘉一郎 編.治癒を望めない造血器腫瘍患者への医療と看護,第1版.医薬ジャーナル社,大阪,2012; 36–44.
  • 5) Florio GA, Donnelly JP, Zevon MA. The structure of work-related stress and coping among oncology nurses in high-stress medical settings: a transactional analysis. J Occup Health Psychol 1998; 3: 227-42.
  • 6) 森山常代,金井美起子,志賀信子,他.血液疾患患者を支える看護師の心理状況を知る.日看会論集:看総合 2006; 37: 30-2.
  • 7) 鈴木玲子,村岡宏子.入退院を繰り返している造血器腫瘍患者を看取る看護師の感情とその対処.東邦大看紀 2008; 22: 1-9.
  • 8) Shirai Y, Kawa M, Miyashita M, et al. Nurses’ perception of adequacy of care for leukemia patients with distress during the incurable phase and related factors. Leuk Res 2005; 29: 293-300.
  • 9) 松田芳美,久保田初代.がん専門病院における看護師のストレス因子と情緒的状態(POMS)との関係.がん看護 2010; 15: 733–9.
  • 10) Sasahara T, Miyashita M, Kawa M, et al. Difficulties encountered by nurses in the care of terminally ill cancer patients in general hospitals in Japan. Palliat Med 2003; 17: 520-6.
  • 11) 小野寺麻衣,熊田真紀子,大桐規子,他.看護師のがん看護に関する困難感尺度の作成.Palliative Care Res 2013; 8: 240–7.
  • 12) 藤澤陽子.血液がんにおける化学療法中の症状マネジメント.がん看護 2013; 18: 521-5.
  • 13) 人見貴子,田中真琴,佐藤栄子,他.同種造血細胞移植レシピエントの療養生活に関する看護師からの情報提供内容.日がん看会誌 2010; 24: 13-21.
  • 14) 池田 恢.造血器腫瘍.井上俊彦,小川和彦,小泉雅彦 編.放射線治療学,第5版.南山堂.東京,2014; 348-50.
  • 15) 稲田美和子.臨床心理士の役割.室井一男,丹波嘉一郎 編.治癒を望めない造血器腫瘍患者への医療と看護,第1版.医薬ジャーナル社,大阪,2012; 80-95.
  • 16) 上條彩子,福田美和子,量 倫子.初回化学療法を受ける血液・造血器腫瘍患者に対する病棟看護師の関わり.ナーシング 2010; 30: 82-8.
  • 17) 関東病院看護部.血液・造血器疾患患者の看護.小林寬伊,坂本すが 編.看護学入門 8巻 成人看護Ⅰ,第2版.メヂカルフレンド社,東京,2013; 376-82.
  • 18) 川杉和夫.造血器腫瘍における精神症状への対策.綜合臨 1999; 48: 1591-3.
  • 19) 片桐和子.造血器腫瘍患者の感染対処の継続に関するセルフ・エフィカシーの分析─化学療法による骨髄機能低下期に焦点をあてて─.福島医大学看紀2012; 14: 35-45.
  • 20) 方尾志津.血液がん患者のリハビリテーション.がん看護 2013; 18: 526-8.
  • 21) 北野俊行.血液がんの検査と診断法.がん看護 2013; 18: 498-504.
  • 22) 木崎昌弘.カラーテキスト 血液病学,第2版.中外医学社,東京,2013; 174.
  • 23) 小林葉子.再発・転移の病態と治療・看護 血液がん患者の看護.ナーシング 2013; 33: 74-6.
  • 24) 小島悦子.がん疼痛マネジメントに関する知識と困難についての看護師の認識.天使大紀 2009; 9: 43-55.
  • 25) 葛田衣重.血液がん患者が利用できる社会資源.がん看護 2013; 18: 509-12.
  • 26) 真野和夫,村瀬卓平.一般的救急医療の代表的症候と血液疾患 1.意識障害.血液フロンティア 2004; 14: 511-20.
  • 27) 大内紗也子.血液がん患者の終末期における問題.がん看護 2013; 18: 517-20.
  • 28) 多田淳一.血液疾患患者のギアチェンジを考える.ターミナルケア 2001; 11: 187-92.
  • 29) 高橋郁名代,坪井桂子,海内千春,他.造血幹細胞移植を経験した造血器腫瘍患者の闘病意欲に関する研究.日看研会誌 2002; 25: 328.
  • 30) 高橋奈津子.新看護学10 成人看護[2],第12版.医学書院,2013; 37-50.
  • 31) 髙山牧子,百瀬幸代,深野久子.血液疾患患者をケアする看護師のストレスから立ち直るプロセス.日看会論集・看管理 2005; 36: 244-6.
  • 32) 鶴田理恵.血液がん患者の倫理的問題.がん看護 2013; 18: 529-33.
  • 33) 山田真由美.移植片対宿主病(GVHD)の看護のポイント.がん看護 2012; 17: 357-60.
  • 34) 林 千春,国府浩子.化学療法を受けるがん患者に対する看護の実践状況と関連要因.日がん看会誌 2010; 24: 33–44.
  • 35) パトリシア・ベナー.井部俊子訳.ベナー看護論 新訳版,第1版.医学書院,東京,2005; 23–6.
  • 36) 中村由子.配置転換による中堅看護師の「一皮むけた経験」.日看研究会誌 2010; 33: 81-92.
  • 37) 宮川義隆.新看護学10 成人看護[2],第12版.医学書院,東京,2013; 17-50.
Copyright © 2016日本緩和医療学会

記事ツール

この記事を共有