Palliative Care Research
短報
専門的緩和ケア紹介前の余命の告知に関する後方視的研究
西 智弘小杉 和博柴田 泰洋有馬 聖永佐藤 恭子宮森 正

著者情報
ジャーナル フリー HTML

11 巻 (2016) 4 号 p. 337-340

詳細
本文(HTML形式) PDFをダウンロード (691K) 発行機関連絡先
抄録

本邦における余命の告知が,内容まで含めてどの程度具体的に行われているのかを示した報告は少ない.2013年4月から2016年3月までに,緩和ケア科の初診に紹介された患者について,前医における余命の告知に関する記載について診療録から後方視的に抽出した.結果,248名が調査対象として抽出され,そのうちの43%が「数字断定」の告知を受けていることがわかった.一方,19%の患者・家族は,主治医から余命について「聞かされていない」という結果であった.本研究から,一定の割合で「数字断定」的な余命の告知が行われていることが示唆され,終末期の話し合いについての改善の必要性が改めて示された結果であると言える.

著者関連情報
© 2016日本緩和医療学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top