J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

Palliative Care Research
Vol. 11 (2016) No. 4 p. 558-561

記事言語:

http://doi.org/10.2512/jspm.11.558

症例報告

子宮頸がん術後骨盤内再発に閉鎖孔ヘルニアを合併した1例を報告する.がん種によらず骨盤内再発がんでは神経障害性疼痛を合併することが多い.一方閉鎖孔ヘルニアでもHowship-Romberg徴候と言われる神経障害性疼痛を合併するが,比較的稀な疾患で診断が困難とされる.本症例では転院時すでに左大腿内側に神経障害性疼痛を認めていたが経過中に反対側にも同症状が出現した.鎮痛補助薬を追加したが右側の疼痛は改善されず大腿から膝までの広範な熱感と発赤も出現した.CT検査では皮下気腫像と膿瘍形成を認めた.以上から右側大腿については閉鎖孔ヘルニアを来し嵌頓した消化管が右下肢に穿破したものと診断した.閉鎖孔ヘルニアは鑑別困難であるが早期に診断し得れば用手的整復することで重症化を回避できる可能性がある.骨盤内再発がんで神経障害性疼痛を認めた場合,閉鎖孔ヘルニアの可能性も早期に考慮し,適切に評価することが重要である.

Copyright © 2016日本緩和医療学会

記事ツール

この記事を共有