Palliative Care Research
短報
経皮フェンタニル貼付剤からオキシコドン注射剤へのオピオイド・スイッチングにおける,鎮痛達成に向けたオキシコドン投与量の検討
田所 学渡邉 啓太松下 久美子宮崎 享三宅 智
著者情報
ジャーナル フリー HTML

12 巻 (2017) 1 号 p. 301-305

詳細
本文(HTML形式) PDFをダウンロード (1237K) 発行機関連絡先
抄録

フェンタニル貼付剤(transdermal fentanyl: TF)からオキシコドン注射剤(oxycodone injection: OXJ)へのオピオイド・スイッチング(opioid-switching: OS)においては,実臨床上オキシコドン投与量の設定に苦慮しうる.本報告では,換算比に基づきTF投与量から換算したOXJの投与量と,実際に鎮痛が達成された時点でのOXJの投与量を後方視的に比較し,鎮痛達成に向けたOXJ投与量を検討した.TFからOXJへのOSを施行した31例中,NRS/VRS=0群(4例)の全例,NRS/VRS>0群(27例)の85%が鎮痛を達成した.達成日のOXJ投与量の中央値は,前者で換算投与量の28%,後者で103%であり後者のばらつきが大きかった.TFからOXJへのOS時,OXJ投与量の設定には鎮痛状態を考慮することが重要である.OS時に痛みがない場合は換算投与量の30%程度で,鎮痛不十分を理由にOSを行う場合でも換算投与量より少量で,鎮痛が達成されうることを念頭に置く必要がある.

著者関連情報
© 2017日本緩和医療学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top