Palliative Care Research
症例報告
パロキセチンやヒドロキシジンが無効であった閉塞性黄疸による掻痒症にナルフラフィン塩酸塩が奏効した1例
吉川 善人松田 良信岡山 幸子二村 珠里土井 美奈子永田 しのぶ
著者情報
ジャーナル フリー HTML

12 巻 (2017) 1 号 p. 506-510

詳細
本文(HTML形式) PDFをダウンロード (1219K) 発行機関連絡先
抄録

【緒言】転移性肝がんに伴う閉塞性黄疸による掻痒症患者に,選択的κ受容体作動薬のナルフラフィン塩酸塩(以下,ナルフラフィン)を投与し,改善を認めた症例を経験したので報告する.【症例】70歳,女性.S状結腸がん術後,転移性肝腫瘍による黄疸に伴い,掻痒症が出現.抗ヒスタミン薬やSSRIでは改善しなかった.中枢性掻痒と考えてナルフラフィンを投与し,掻痒はNRSで 9から 3まで改善した.【考察】蕁麻疹,アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患に比べて,慢性腎不全,肝疾患などの全身性疾患に伴う掻痒症は,既存の治療薬が奏功しないことが多い.慢性肝疾患に伴う掻痒は難治性かつ中枢性であるがナルフラフィンに止痒効果が確認されている.本症例では中枢性および末梢性の機序による掻痒が混在したが,中枢性掻痒が優位と考えられた.閉塞性黄疸に伴う掻痒症に対してナルフラフィンは有効な治療薬になりうると考えられた.

著者関連情報
© 2017日本緩和医療学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top