J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

Palliative Care Research
Vol. 12 (2017) No. 2 p. 222-228

記事言語:

http://doi.org/10.2512/jspm.12.222

原著

【目的】終末期在宅療養を支える看取りのパンフレット使用の実態と課題を明らかにする.【方法】訪問看護ステーション419カ所に郵送式質問紙調査を行い,118カ所から回答を得た.【結果】パンフレットを使用しているステーションは41.8%であった.パンフレット使用時に考慮することとして,「家族の心配や不安の程度」「家族の在宅死の希望」「患者の在宅死の希望」が極めて多かった(いずれも82.6%以上).家族に対するパンフレットの有用性(家族の看取りに対する覚悟につながる,家族が患者の現状を理解するのに役立つなど)は,ほぼ全てのステーションが認めた.一方,渡す時期の決定に難しさを感じているステーションが67.4%みられた.パンフレットを使用しない理由では「使用可能なパンフレットがない」(64.1%)が多かった.【結語】パンフレットを使用しているステーションは,その有用性を認めているものの,使用の難しさを感じていた.

Copyright © 2017日本緩和医療学会

記事ツール

この記事を共有