Palliative Care Research
活動報告
自治医科大学附属病院におけるがんサロン活動の現状─「がん患者と家族のサロン虹」─
山本 理栄小松崎 香小島 好子稲田 美和子前田 博美大枝 優美前原 多鶴子藤井 博文
著者情報
ジャーナル フリー HTML

12 巻 (2017) 2 号 p. 918-922

詳細
本文(HTML形式) PDFをダウンロード (1424K) 発行機関連絡先
抄録

【目的】当院にて2014年4月に設立したがんサロンの実情と参加者のアウトカムを把握し至適な運営へ生かす.【方法】サロンは対象を一般とし院内で実施,プログラムはミニレクチャー・リラクセーション・語り合いで構成し,参加者にアンケート調査を実施した.【結果】2014年4月〜2015年3月に11回開催し,参加者総数のべ369名,平均参加者数34名(22〜50名),参加者は主に当院受診の患者・家族から成り,女性,60代,診断後3年未満の患者・家族,乳がんの患者・家族が多い傾向にあった.満足度はレクチャーやリラクセーションで高い傾向,参加後に不安が軽減する傾向が示唆された.【考察】定量的な評価手法の洗練,細やかなニーズのアセスメントと適切な支援を提供できる体制の発展が課題と考える.さらにこれを地域へ拡大し他の医療機関におけるがんサロンの普及支援・連携を行いinclusiveな社会の構築に貢献したい.

著者関連情報
© 2017日本緩和医療学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top