Palliative Care Research
原著
積極的治療終了後の腫瘍内科患者を対象としたPalliative Prognostic Indexによる予後予測の有用性に関する検討
髙橋 秀和菅野 喜久子佐藤 ミカ比毛 亜美本間 詩緒安田 勝洋中澤 泰子大堀 久詔
著者情報
ジャーナル フリー HTML

12 巻 (2017) 3 号 p. 251-256

詳細
本文(HTML形式) PDFをダウンロード (1613K) 発行機関連絡先
抄録

【目的】積極的治療終了後の腫瘍内科患者における,Palliative Prognostic Index(PPI)による予後予測精度を明らかにする.【方法】2015年5月から2016年6月に当科に入院したがん患者を対象としてPPI評価を行った.【結果】解析対象患者は45名であった.PPIによって3群に分類すると,リスクに従って生存曲線が分かれる傾向を認めた.高リスク群 (PPI6.5以上) と低リスク群 (PPI4.0以下) 間では有意な生存期間の差を認めた(生存期間中央値11 vs. 39日,p=0.0048, HR 2.75, 95%CI1.32-5.84).PPIが6.5以上の予後予測精度は他の報告と遜色ない結果であった.薬物療法からPPI評価までの期間によって予後予測精度に差はなく,薬物療法がPPI評価に与える影響は少ないことが示唆された.【考察】腫瘍内科患者の予後予測にPPIを用いることが妥当であることが明らかとなった.

著者関連情報
© 2017日本緩和医療学会
次の記事

閲覧履歴
feedback
Top