Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
症例報告
硬膜外鎮痛の反復により放射線治療を継続し得た悪性腸腰筋症候群の1例
滝本 佳予小野 まゆ
著者情報
ジャーナル フリー HTML

12 巻 (2017) 3 号 p. 547-551

詳細
本文(HTML形式) PDFをダウンロード (1835K) 発行機関連絡先
抄録

悪性腸腰筋症候群(malignant psoas syndrome: MPS)は,悪性腫瘍が腸腰筋に浸潤して生じる,侵害受容性痛と腰神経叢領域の神経障害性痛を特徴とする病態である.痛みは強く,症状緩和に難渋することも多い.53歳の女性,子宮癌肉腫で広汎子宮全摘術施行後,骨盤内リンパ節病変が増大し左MPSを生じた.この病変に対し放射線治療(radiation therapy: RT)が予定されたが,強い痛みで股関節伸展保持不能であり,RTを開始できなかった.硬膜外ブロックをRT30分前に毎回実施することで股関節伸展可能となり,RTを予定回数終了し得た.MPSの治療は多角的アプローチが推奨されており,今回は内服治療と併せて早期に硬膜外ブロックを実施することで目標鎮痛を達成し,放射線治療を実施した.MPSの痛みにより股関節伸展が困難であるがために,RTを開始できなかった患者に対する鎮痛手段として,RT前に毎回,単回の硬膜外ブロックを実施することで予定通りRTを完遂できた.

著者関連情報
© 2017日本緩和医療学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top