Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
症例報告
がん終末期における植え込み型除細動器停止にどう対応するか─緩和ケア病棟における5症例の経験から─
下川 美穂久永 貴之矢吹 律子萩原 信悟志真 泰夫

著者情報
ジャーナル フリー HTML

12 巻 (2017) 3 号 p. 553-557

詳細
本文(HTML形式) PDFをダウンロード (1397K) 発行機関連絡先
抄録

当院緩和ケア病棟では,2015年1月から2017年1月の間に5例の植え込み型除細動器(implantable cardioverter-defibrillator: ICD)を有するがん終末期の患者を経験した.ICD停止について,5例中4例でせん妄や認知症により患者本人の意思決定能力がなく,1例は意思決定能力はあったが,家族が患者本人の意思確認に同意せず,5例とも家族による代理意思決定であった.ICD停止の手順は,家族と死亡の2〜21日前に話し合いを開始し,1〜5回の面談を経て同意を得たうえで,死亡の3時間〜11日前に停止した.今回の経験を通じて,ICD停止に関して①意思決定に関する医療者の経験不足,②ICDが患者に与える苦痛に関する医療者の認識不足,③話し合いにかかる心理的負担や時間的制約,④患者と家族のICDに関する知識不足,という問題点が明らかになった.がん患者のadvance care planningの一環としてこの問題に対応していく必要がある.

著者関連情報
© 2017日本緩和医療学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top