Palliative Care Research
原著
がん患者緩和ケアにおけるアドバンス・ケア・プランニングに関する一般病棟看護師の認識
小松 恵島谷 智彦
著者情報
ジャーナル フリー HTML

12 巻 (2017) 3 号 p. 701-707

詳細
本文(HTML形式) PDFをダウンロード (1606K) 発行機関連絡先
抄録

【背景と目的】がん患者の意思決定支援にはアドバンス・ケア・プランニング(Advance Care Planning: ACP)が必要であり,そのためにはがん病名告知,患者の想い・意思・プライバシーの尊重が重要である.一般病棟看護師のがん患者に対するACPの認識を調査し,ACPの推進のためにどのような活動が必要なのかを検討する.【方法】広島県がん診療連携拠点病院の一般病棟看護師800名を対象に,郵送自書式質問紙調査を施行した.【結果】有効回答は364名(46%)であった.患者意思擁護・尊重は75%,患者プライバシー尊重は89%ができているという認識であった.患者の状態が悪い時の認識にはばらつきがみられた.ACPの意味を認識できているは20%に過ぎず,99%が施行できていなかった. 【結論】一般病棟看護師のACPの認識は不十分であり,一般病棟看護師のACPの認識を高めるためには,啓発・教育・環境整備が喫緊の課題と考えられた.

著者関連情報
© 2017日本緩和医療学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top