Palliative Care Research
原著
単一施設における終末期進行がん患者の入院後早期死亡に関する後方視的研究
堀 哲雄平本 秀二菊地 綾子吉岡 亮玉木 朋子
著者情報
ジャーナル フリー HTML

12 巻 (2017) 4 号 p. 747-752

詳細
本文(HTML形式) PDFをダウンロード (1839K) 発行機関連絡先
抄録

進行がん患者の終末期における入院後早期死亡患者の実態についてはあまり知られていない.2011年8月〜2016年8月に死亡した進行がん患者を対象とし後方視的に検討した.入院後3日以内に死亡した患者は83例あり全死亡510例の16.3%であった.入院後3日以内に死亡した患者(早期死亡群)と4日以上で死亡した患者(非早期死亡群)の終末期症状(せん妄,疼痛,呼吸困難感,悪心嘔吐,倦怠感)について比較したところ有意差は見られなかった.治療介入では平均輸液量・平均オピオイド使用量は早期死亡群が非早期死亡群より有意に多く,持続的鎮静は早期死亡群で非早期死亡群より有意に少なかった.入院後早期死亡リスク因子を解析したところ年齢,性別,臨床病期,組織型,状態悪化時の化学療法,合併症では有意差はなかった.がん種,転移個数,入院時意識レベル,入院時PSは早期死亡におけるリスク因子として関連が示唆された.

著者関連情報
© 2017日本緩和医療学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top