Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
症例報告
オキシコドン持続皮下注射により,腹部蜂窩織炎を併発した胃がん患者の1例
寺田 忠徳北村 典章
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2018 年 13 巻 3 号 p. 251-255

詳細
抄録

【緒言】オピオイドの投与経路は経口投与が基本であるが,嚥下障害,悪心・嘔吐などの理由から皮下投与などに変更する場合がある.皮下投与の稀な合併症として,腹部蜂窩織炎の症例を報告する.【症例】44歳の男性.2017年2月に胃がんの多発転移の診断で痛みの緩和ならびに化学療法目的で入院した.オキシコドン持続皮下注射で痛みの緩和を図り,化学療法を継続していたが,皮下注射部位に腹部蜂窩織炎を併発した.穿刺を変更し,血液培養検査提出後,セファゾリン2 g/日を1週間投与し,臨床症状,血液検査共に軽快し,化学療法が継続できた.【考察】オキシコドン持続皮下注射により蜂窩織炎を併発した報告は認められなかった.終末期がん患者や化学療法中の患者は免疫力が低下しており,オキシコドン持続皮下注射などのオピオイド持続皮下注射を行う場合,穿刺部位を注意深く観察し,感染徴候に留意する必要性があると考えられた.

著者関連情報
© 2018日本緩和医療学会
前の記事 次の記事
feedback
Top